« 2010年09月 | メイン | 2011年01月 »

2010年12月 アーカイブ

2010年12月11日

本の整理

蔵書の整理が進行中。
最近、レファ本になりそうなもの以外は売り払って、新しい本もほとんど買わないようにしていた。というよりも読む気がしないというという感覚もあって。

Evernoteで記録していた読書メモの傾向を振り返ると、転職してから読んだ本の傾向が変わっていることに気がつく。昔はIT関連の技術書やベンチャーに関連する本を読んでいたが、転職後は組織をどうするだとか、プロジェクトマネジメントだとか、物量や広告で勝負するマーケティングの話とかそんなものが多い。一言で言えば内向きな話題の本が多い。

今日、そんなことを反省しながら改めて本を整理。「レファ本として保存」「電子化して破棄」「有無を言わず古本屋へ」の3種に整理。そうしたら、ひどく内向きな本はめでたく「古本屋行き」に分類された。

2010年12月18日

Macバカ

3年前、サンフランシスコで第1世代iPhoneを見たときは「なんだか変わった電話だ」という感想でしたが、気がついてみるとウチの中もiナントカ系のデバイスがいくつか居座っています。

iPadは確かにおもしろいデバイス。新しい使い方を見つけるためにあえてリビングに置いてみると、隙間時間にwebで出かけ先について調べたりメールを見たり、あとはあまり行儀がいいことではないけど平日夜遅いときは夕食を食べながらGoogle Readerを見たりと、ちょっとした時間にちょっとコンピュータを触るということができます。

個人的にはiPadはあまり仕事とは関係のないユルい使い方がいいような気がします。

といいつつ、昔からMac派の私は今この↓ような状態で(笑)

2010年12月21日

Kindle

最近の愛用品。アマゾンのキンドル。
日本からは手に入りにくい米国版の白です。

IMG_0099.JPG

周りに持っている人が非常に少なく、なかなか説明することが難しい。
オライリーの最新本の場合、紙の本だと$17するものがキンドルだと$5。リーズナブルだし英辞郎を入れると英和辞典を参照しながら読めるし、満員電車でも読める。また、電子ペーパーは目が疲れない。

一番すごいことは、キンドルには100カ国で利用可能な国際ローミングの3Gデータ通信の機能がついていて、アマゾンの本を購入することとwebブラウズについては通信料がすべてアマゾン持ちでタダであるということ。携帯キャリアとの契約も不要で、キンドルを開封後すぐに使えます。つまり電子書籍の購入障壁を徹底的になくすというこだわり。

モノクロだけど、電子書籍に特化したシンプルさはPalmに通じるものがある。

3G通信ができるから、続編の小説はすぐに買えるし、IT系であるオライリーの本は「参考URL」なんて記載が多いから、本に記載されているURLをクリックするだけで参考webサイトがすぐに見れる。

その他ソーシャルリーディング機能もありますが、時間があるときに書きたいと思います。

最後に、自炊した日本語PDF書籍も読めます。

About 2010年12月

2010年12月にブログ「blog.ampspeed」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年09月です。

次のアーカイブは2011年01月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35