« 2006年11月 | メイン | 2007年01月 »

2006年12月 アーカイブ

2006年12月04日

mfx2 0.2.1 Alpha リリース

再びバージョンアップです。→ダウンロード
今回はデータバインディングプラグインを標準プラグインとして追加したのが特徴です。

ActionScriptはObject.watch()メソッドで変数の変化を監視することができます。変数の内容が変化すると指定した関数を自動で実行してくれるメソッドです。普段はあまり使われていないようですが、ユーザーインターフェースと画面変化を連動させるときなどに活用できます。

これはこれで便利な機能なのですが、ひとつ欠点があってObject.watch()から起動できる関数は1個だけという制限があります。そこで今回オブジェクトのプロパティが変化すると指定した複数の関数を実行できるメソッドを追加するプラグインを標準添付しました。
ver 0.2 alphaから標準添付になったgetElementIdプラグイン(JavaScriptのようにActipnScriptにてgetElementId()でMovieClipなどを参照できるようにしたプラグイン)と今回のData bindingプラグインの機能を組み合わせると、変数の変化にあわせてUIを自動で変化させるという技が簡単にできるようになります。

このような機能追加をライブラリの書き換えや改造をせずにプラグインの追加だけでできてしまうというというのがmfx2の最大の特徴です。非常に汎用性の高い機能は今後も標準添付プラグインとして追加する予定です。
独自のプラグインを追加すれば自社サイトやプロジェクト専用のフレームワークを簡単に構築することができるだけでなく、プラグインAPIという手続きルールにある程度したがって開発するため、重要な部分はプログラマー間でコーディング手法に差がでにくくなるようになります。

mfx2 0.2.1 alpha is came with some bug fix on plugin system and a new plugin for presentation section.

New plugin is data binding plugin. This plugin provides so-called watching method to object class.
ActionScript already has Object.watch() method, however this method can execute only one function. The new data binding plugin can watch multi functions. This means a property of object can bind many functions.

With getElementId plugin (provided ver 0.2 alpha) and data binding plugin, you might write ActionScript for complex UI with data.

WPF記事

書店からはもう消えましたけど、雑誌取材に応じました。内容はWPFでWebがどう変わるかについて。
結局のところどの技術が流行るかは市場が決めますから。そういう意味でもパソコン専門誌ではない情報誌にWPFの記事が載ったのは意義があったと思います。

2006年12月14日

Here & Now

830.jpg先月購入したハウスのCD。なにげにしょっちゅう聴いてます。1枚目は夜によく合う感じです。ちょっとクロスオーバー風なところもあって聴きやすく、ハウスを普段聴く機会が少ない方にもこのごろのハウス入門としてオススメです。

 
 
 
 
 

mfx2 0.2.1 beta

ようやくベータ版が完成しました→ダウンロード

あんまり仕事のことはここに書けませんが、今このライブラリを使って規模が大きめなプロジェクトを製作中。
ベータ版のライブラリいいつつも、商用サイト製作に使える実用的なライブラリの開発を目指していますので、実戦投入しながらの開発となっています。

2006年12月18日

モーツァルト全集PDF

公開されたもよう。
たとえばホルン協奏曲3番とか。

ところで、世の中にはMusicXMLというXMLフォーマットがあるらしい。

About 2006年12月

2006年12月にブログ「blog.ampspeed」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2006年11月です。

次のアーカイブは2007年01月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35